礼拝作法について

姿勢
  仏さまにお参りするときは、姿勢を正して静かにしましょう。

座ったときの姿勢

立っているときの姿勢

いすに座ったときの姿勢

両ひざをそろえ、背すじをのばして座ります。両手は、お念珠を持った左手を上にして組み、ひざの上に置きます。 両方のかかとをそろえ、体全体をまっすぐにして立ちましょう。 つま先を閉じ、両うでは自然にさげます。いすに深く腰かけ、背すじを伸ばします。両手は座ったときと同じようにして、ひざの上に置きます。
合掌・礼拝
 
合掌は、指をそろえて伸ばし、手のひらを静かに合わせます。両手に念珠をかけ、親指で軽くおさえます。両ひじを軽く体にそえ、合わせた両手を、胸の真ん中につけ、指先は体と約45度の角度にします。
そうして仏さまのお姿を見ながら、お念仏をとなえます。
礼拝は、合掌したまま上体をゆっくり約45度の角度で前へかたむけ礼をし、静かにはじめの姿勢にもどしてから、両手をそっとおろします。
「導師」または「調声人」がおられるときには、「導師」または「調声人」に合わせて合掌・礼拝をしましょう。
念珠・聖典
  仏さまにお参りするときは、いつも念珠を持ちましょう。
左手の親指とほかの指の間にかけて持ち、ふさは下にたらします。念珠や聖典は、仏さまのみ教えを聞く私たちにとって、とても大切なものですから、特に丁寧にあつかいましょう。
  机がないときには、ひざの上やかばん、念珠袋の上に置きます。 畳の上などに直接置かないように注意しましょう。
お勤め(勤行)
  聖典などにのっているご文を声に出して読むことをお勤め(勤行)といいます。お勤めのはじめに、発声する人を「導師」または「調声人」といいます。
聖典を開くときには、丁寧に額の高さにいただき、もし経卓があるときはその上に置き、ないときには両手でもってお勤めをします。お勤めが終わったら聖典を閉じて、丁寧にいただきましょう。
お焼香
  お香をたくことをお焼香といいます。かおりのよいお香をたいて、やさしいみ仏さまのおこころを思いながらお参りしましょう。
香炉の前に進み出て一礼、座ります。
 
香盒(お香の入れ物)のふたをとって、右端にかけ、お香を一回だけつまんで、いただかずに香をたき、香盒のふたを戻します。
 
み仏さまに向かい、合掌・お念仏・礼拝をします。
 
静かに立ち上がって、一礼をして、元のところへかえります。

※立ってお焼香するときも、同じようにします。
お線香をたくときは、香炉の大きさに合わせて折り、横にねかせます。